CLOSE

アディティブ・マニュファクチャリング

アディティブ・マニュファクチャリングとは、金属を積層して3D形状を造形する最新の技術です。
例えば物理的に切削工具が入らない複雑形状の加工や、摩耗した部品の補修などが可能になります。
DMG MORIでは世界に先駆けてパウダーノズル方式とパウダーベッド方式の2種類の工作機械をラインアップしています。

アディティブ・マニュファクチャリングとは?

パウダーノズル方式

パウダーノズル方式は、金属材料粉末をノズルから供給して積層し、そこにレーザを照射して粉末材を溶融し焼結させます。
積層と溶融を同時に行うため造形時間が早く、異なる金属材料粉末の積層や、インペラやブレードといった複雑形状で高付加価値製品の補修に適しています。

パウダーヘッド方式

パウダーベッド方式は、材料粉末を一層ずつ敷き詰め、その後にレーザで照射して、任意の部分を溶融させる方式です。
精密な造形が可能で、主に一体構造の製品や部品、一から製作する製品造形に適しています。また、稼動軸が少なく、シンプルな機械構造のため、省スペースな機械設計が可能です。

アディティブ・マニュファクチャリング 関連コンテンツ