People(社員紹介)People(社員紹介)

技術系

技術系

メリカでエンジニア技術を磨きながら
グローバルな視野も身につける

山村 英介やまむら えいすけ 2008年入社

DMG MORI 
デービス工場 QC Dept.マネージャー (所属は取材当時のものです)

情報工学部 システム創成情報工学科卒業を卒業し2008年入社。MAPPSの開発に参加したのち、製品検査部門に配属された。2012年アメリカ・カリフォルニアのデービス工場建設に伴い、現地へ赴任。現在はマネージャーとして、品質管理を担当している。

荷前の最後の砦として
品質と信頼を守る

出荷前の最後の砦として
品質と信頼を守る

品質検査チームでは、デービス工場が生産する全機をチェックしています。品質管理は部品検査と製品検査に大別され、部品検査ではサプライヤから納品された部品が精度よく作られているか、三次元測定器やマイクロメータなど特殊な計測器を用いて判断します。製品検査では、出荷前の機械について、精度、機能、外観がDMG森精機の製品としての基準をクリアしているかを確かめます。いわば会社の信頼を守るための「最後の砦」ですね。私は品質管理部のマネージャーとして、デービス工場全体の品質の維持・向上に努めています。

具体的な仕事の内容は、製品検査工程の進捗確認、問題発生時の他部署への報告、トラブルに対する対策立案など。新機種を立ち上げる際は、計測器の選定や治具の設計も行います。また、計測器の校正期間が切れていないかチェックするなど、機器の管理や、備品の調達なども私の役目です。

他にも多種多様な業務を任されていますが、これらの作業をチーム員に割り振りして、無理なく期限内に完了できるように調整することも大切な仕事。チーム内の全業務内容を把握することで、誰かが困ったときには、適切なアドバイスを送るなどし、作業工程の素早い見直しを可能にしています。

PROJECT

PROJECT

米国への赴任が
成長と自信につながりました

DMG森精機初の海外工場であるデービス工場で働くことそのものが、私にとっては一大プロジェクトでした。渡米前は、アメリカという、自分にとって未知の土地、人、文化の中で働くことに不安があり、英語でのコミュニケーションが悩みの種でした。

実際、赴任当初には、こちらの意図や指示をスタッフにうまく伝達できず、的外れな作業をさせてしまったこともあります。そこで、このままではいけないと、改めて英語の勉強に力を入れました。ただし、ひたすら机に向かうばかりではなく、ネイティブスピーカーと会話することを心がけました。仕事中はもちろんですが、プライベートタイムにも積極的に会話に加わり、スラング(俗語)などは意味が分からなければその場で質問することで、自分の表現の幅を広げていきました。

そしてデービス工場への赴任1年後にはリーダー、2年半後にはマネージャーに昇格することができました。「アメリカで仕事ができる」という大きな自信が芽生えましたね。

VISION

VISION

部署間の連携をより密に
会心の新機種を

デービス工場では、2015年から新機種の立ち上げに取り組んでいます。これまでに横形マシニングセンタNHX2nd Generation、5軸マシニングセンタDMU-Pr、新規ユーザーにも利用いただきやすいecoシリーズのターニングセンタ、ecoTurnの3機種が完成し、現在製作中のecoシリーズの立形マシニングセンタecoMillが最後の1機種となります。

新しい機種だからこそ、今まで経験したことのないような多くの問題が発生しました。例えば、ecoMillにおいて前工程で問題なかった精度が後工程になって変わり、許容値外の精度になっていました。この問題に対し、組立・加工・部品検査で情報を共有して、ある傾向にベッド(機械のベースとなる鋳物部品)を加工することによって解決することができました。

一人で抱え込んでいては解決は望めません。マネージャーとして、チーム内外を問わず相談しやすい雰囲気づくりを心がけ、一度相談を受けた案件については、相手に納得してもらえる回答を必ずするようにしています。問題が無事に解決して、良い製品が完成した際の、喜ぶチームメンバーの姿を見ると、なんとも言えない嬉しい気持ちになれますね。

品質の向上には、他部署との連携が不可欠です。他部署からの報告内容を理解するために、機械、電気、ソフトフェアなどの幅広い知識が必要だと感じます。また、グローバルカンパニーであるDMG森精機では、多様な言語と文化への理解も求められます。今後も、積極的かつ的確なコミュニケーションを図るように努力し、DMG森精機の品質、技術をさまざまな形で表現できる、オールラウンダーなエンジニアを目指します。

PRIVATE

PRIVATE

連休は家族と一緒にアメリカ巡り

連休になると、アメリカ国内を旅行しています。この約4年間で、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ、シアトル、ラスベガス、ニューヨークなど、いろいろな場所へ行きました。都会も自然も、アメリカは規模が桁違いで、いつも驚かされます。家族や、愛犬(アメリカ出身)にとっても、良いリフレッシュになっていますね。

同じ職種の人を見る同じ職種の人を見る

一覧へ戻る一覧へ戻る

関連コンテンツ関連コンテンツ

現場発・フリーディスカッション01 詳しくこちら現場発・フリーディスカッション01 詳しくこちら
社員について もっと知る 詳しくこちら社員について もっと知る 詳しくこちら