People(社員紹介)People(社員紹介)

技術系

技術系

作機械業界の常識を塗り替える
最先端のテクノロジーを追求

森田 康彦もりた やすひこ 2009年入社

北海道
制御ソフト開発部 
CELOS開発グループ グループ長(所属は取材当時のものです)

入社以来、一貫して制御ソフト開発の業務に携わる。2013年にはドイツ・フロンテンに赴任し、CELOS開発における日独連携の中心スタッフとして活躍。現在は、CELOS開発グループのグループ長としてプロジェクト推進に尽力している。

い拡張性を持つ、新型
オペレーティングシステムを開発

高い拡張性を持つ、新型
オペレーティングシステムを開発

制御ソフト開発部では、工作機械の操作盤に搭載するソフトウェアを開発しています。私の所属するCELOS開発グループは、次世代オペレーティングシステム「CELOS」および「MAPPSV」の開発を行っており、特にセンシング技術を用いたアプリケーションに注力しています。

ドイツDMGとの統一オペレーティングシステムを、という考えのもと誕生したCELOSは、スマートフォンやタブレットPCと同様にタッチパネル式を採用し、直感的にスピーディな操作が可能な、業界でも画期的なシステムです。例えば、工程管理やマニュアルなどは電子データとして保存でき、PC版CELOSにより、オフィスから現場へデータ配信できるため、作業時間の短縮や効率化が図れます。遠隔監視によりオフィスに居ながらにして機械の状況も把握できます。

チームで取り組んでいるセンシング技術では、機械各部に取り付けたセンサの情報を工作機械の性能向上に役立てています。例えば、主軸に付けた加速度センサで望ましくない振動(びびり)を捉えて、びびりを発生させない条件を見つけたり、電力センサにより省エネに配慮した運転ができるよう見える化したり、また、収集したデータを解析して予防保全や故障検知につなげるプロジェクトを進めたりしています。計測、解析には、新しいソリューションのヒントが多くあり、それらを加工の効率化、スマート化やコストダウンなど有効な形にするのが開発の役割でもあるのです。ソフトウェアによって機械に付加価値をつける、とてもやりがいを感じる仕事です。

PROJECT

PROJECT

日本人とドイツ人の協業で
斬新なシステムを開発

若いうちに海外でエンジニアとして駐在できる企業で働きたい。それが、当社への大きな志望動機でした。夢が叶ったのは、入社4年目の春のこと。ドイツのフロンテンで、CELOS開発の立ち上げ業務を担当することになったのです。これは、当時、業務提携先であったDMGとの協業の象徴ともいえる一大プロジェクトでした。

業務を始めて最初の頃は日本とドイツの仕様をすり合わせるのに苦労しました。ドイツ人は一度決めたコンセプトを強固に貫くためです。しかし、一緒に仕事をして行くうちに、ドイツ人の働き方、考え方を理解し、相手の立場で考えられるようになっていきました。仕様のすり合わせで言うと、ドイツ人を説得するためにはとことん論理的に説明することが必要となります。現状の仕様では成り立たず、回避策もないことを明確に伝え、極力シンプルな代替案を話し合うことで仕事が進みます。また働き方の異なる点として、仕事の優先順位に対する姿勢は日本人とは大きく違い、決められた時間の中で最大限の成果を上げることを協業のなかで学びました。

そして2013年9月、欧州最大の工作機械見本市であるEMOショーでCELOSを発表。スマートフォン感覚で使えるタッチパネルと斬新なデザインのユーザーインタフェースは大きなインパクトをもたらすと同時に、業界全体に操作盤のタッチパネル化を進めるきっかけにもなりました。

ドイツ人の構想力と日本人の細部へのこだわりが融合し、他社には真似のできない独創性の高い製品が生まれること。それは、これからも当社の強みと言えるのではないでしょうか。

VISION

VISION

製造業の変革期に
開発のメインプレイヤーへ

アプリケーション開発の仕事は、パソコンに向かってひとり黙々と作業するイメージがあります。しかし、何事も個人で処理するには限界があり、ひとりで悩んでいると作業は停滞する一方です。私がリーダーを務めるCELOS開発グループでは、個人の課題や困っていることを共有し、チームで考え、解決する素地をつくり、全体で成果を上げることを重視しています。最近ではメンバーからの問題提起や改善提案が増えたばかりでなく、モチベーションも高まり、グループの雰囲気も良くなったのを実感します。

今、インダストリー4.0(第四次産業革命)のコンセプトのもとに、製造業の世界に大きな変化が起きようとしています。これが完了するには約20年かかると言われており、まさに私たちの世代がメインプレイヤーとなる時期です。当面の目標は、この流れを的確に捉え、のちにインダストリー4.0の具体例として名前が挙がるようなインパクトのある製品を開発することです。今後もお客様の生産性向上に寄与するソリューションのために、グループ一丸となって取り組んでいきます。

PRIVATE

PRIVATE

ボルダリングは成功すると達成感が
ありストレス発散には
もってこいのスポーツ。

ボルダリングと出会ったのは4年ほど前。槍ヶ岳登山をきっかけに、もっと冒険的なことをしたいと思い、始めました。最初はジムへ通っていましたが、自然の岩へ登る方が面白くなり、ドイツ駐在中も週に一回は岩を登っていました。東京の御嶽にある有名なスポット「忍者岩」にも挑戦したことがあります。

同じ職種の人を見る同じ職種の人を見る

一覧へ戻る一覧へ戻る

関連コンテンツ関連コンテンツ

現場発・フリーディスカッション01 詳しくこちら現場発・フリーディスカッション01 詳しくこちら
社員について もっと知る 詳しくこちら社員について もっと知る 詳しくこちら