People(社員紹介)People(社員紹介)

技術系

技術系

本全国のDMG製品を
365日サポートし続ける

青谷 洋平あおたに ようへい 2012年入社

名古屋テクニカルセンタ
国内DMGサービス部 国内DMGフィールドサービスグループ(所属は取材当時のものです)

理工学部電子情報学科卒業。ものづくりに携わりたいと考え、自動車業界や航空業界など広く製造業に関わることができるDMG森精機を志望。入社以来、一貫して国内に設備されているDMG製品のサービス部門に携わる。担当エリアは広く、名古屋から静岡や富山、時には兵庫まで出向いてサービスを行うことも少なくない。

品の性能を保つため
親身で迅速なサービスを徹底

製品の性能を保つため
親身で迅速なサービスを徹底

国内DMGサービス部 国内DMGフィールドサービスグループでは、日本国内全てのDMG製品の修理やメンテナンスを行っています。工作機械は10年、20年という長いスパンでお使いいただくものなので、アフターサービスは欠かせません。メンテナンスはもちろん、不具合は一秒でも早く原因を突き止め、迅速に対処することを心がけています。

また、お客様の工場レイアウト変更や新しい機械を導入する際に発生する移設作業も私たちの業務。ご購入いただいた製品が常に最高の精度を発揮してお客様の事業に役立ち、当社の信頼を高めるのが私たちの役割でもあるのです。当社の代表としてお客様とパートナーシップを築く使命感を持って仕事に取り組んでいます。部は少数精鋭。25人ほどのメンバーで日本全国をカバーするため、それぞれの担当エリアは広域になります。私の場合だと、名古屋から静岡県や富山県、兵庫県などへも、車でサービスに向かいます。

機器の不具合の多くは突発的に発生するので、常に柔軟な対応が求められます。お客様から「機械の調子が悪い」とサービスセンタにお電話をいただくと、各テクニカルセンタへ連絡が入り、お客様先へ直行して原因を診断。可能ならば、その場で修理を行います。お客様の要望に的確に応えて、喜んでいただけるときに、最もやりがいを感じます。以前上司から「大きな会社に属しながら、個人にお礼を言ってもらえるのはサービスエンジニアだけ」と教えていただきましたが、その言葉を日々実感しています。

PROJECT

PROJECT

さまざまなトラブルに対応し
修理技術を高める

機械のトラブルが起こる原因は、経年劣化や使用方法、複合要因によるものなどさまざまで、その対処法も千差万別。そのため、現場ごとに適切な対応を瞬時に見極め、実行することが重要です。自分の診断・対応で解決することができる案件も少しずつ増えてきましたが、思うようにいかないことも未だにあります。そのときには、上司や先輩社員に電話で相談しながら作業を行います。先輩方は私の想像をはるかに超えたものの見方で、新たな可能性を提示されます。長年の経験によって培われた不具合に対する引き出しの多さには憧れを抱きますね。

作業終了後は、当日の作業内容を報告し、部署内全員にメールで送付。情報を共有して、サービスの質を向上させています。

日々の業務で心がけているのは、お客様目線での対応です。そのため、普段から積極的にコミュニケーションを図り、お客様と良好な関係を築くようにしています。不具合が発生したときの情報がより詳しく聞けたり、普段の使い方など、社外の者にはわかりにくいことが情報として入ってくるのでスムーズな修理の手助けにもなります。

VISION

VISION

最先端の技術が駆使された
製品にも素早く対応する

現在は、レーザー加工機のLASERTEC シリーズの修理・メンテナンス業務にも携わっています。ハードとソフト両面の知識はもちろん、切削加工とは異なるレーザー加工に関する知識も必要とされます。この業務を担当する前は、一週間の研修を受けてから先輩社員に同行して経験を積みました。従来の工作機械とは修理方法が全く異なるため、頭を切り替えて臨むようにしています。
例えばシリーズの1つであるLASERTEC 40は、世界に250台程しかなく、不具合の種類や、それぞれの対処法などの事例が少なく若手サービスマンの私にとっては未知の世界といえます。現場で一つひとつの事象に対応し、ノウハウを蓄積していくことが大切だと思います。また、不具合を開発部門などにフィードバックして、製品の性能をさらに高められるようにすることも私たちの役割と思い日々業務に取り組んでいます。
現在も、当社では続々と新技術を開発しています。そのスピードに遅れないように、さらに知識を増やし、経験を積んで、お客様からも社内からも信頼されるサービスエンジニアになりたいと考えています。

PRIVATE

PRIVATE

手に汗握るモータースポーツに夢中

大のモータースポーツ好きで、休日には鈴鹿サーキットでレースを観戦。ドライバーやエンジニアが能力を結集して速さを競う姿にしびれています。友人が参戦しているレースを手伝うこともあります。
機会があれば当社がスポンサーをしているポルシェのレースも観戦したいです。

同じ職種の人を見る同じ職種の人を見る

一覧へ戻る一覧へ戻る

関連コンテンツ関連コンテンツ

現場発・フリーディスカッション01 詳しくこちら現場発・フリーディスカッション01 詳しくこちら
社員について もっと知る 詳しくこちら社員について もっと知る 詳しくこちら