• ニュース&トピックス 2017/01/11 更新
  • 印刷する

JIMTOF2016レポート
(vol.4 テクノロジーサイクル)

シェア
タグ

DMG森精機株式会社(以下、DMG森精機)は、2016年11月17日(木)から11月22日(火)の6日間、東京ビッグサイトで開催された「JIMTOF2016」に出展いたしました。期間中はたくさんのお客様にご来場いただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

6つの新機能を追加、テクノロジーサイクルは20種類に

DMG森精機は工作機械だけでなく、それに関わる切削工具や周辺機器、ソフトウェア、HMI(Human Machine Interface)を組み合わせた新しいトータルソリューションとして「テクノロジーサイクル」をご提案しています。従来は専用機で行っていた加工工程を、DMG森精機の複合加工機や5軸加工機を用いた一連の加工に取り込んで工程集約を図れるほか、最新の加工方法や加工ノウハウを利用した加工時間の短縮や工作機械の台数の削減などに貢献します。これらを誰もが簡単かつ短時間で、標準的な工具・治具を用いて実現することを可能にし、生産性や加工の付加価値を向上させます。
JIMTOF2016では6つの新機能をリリースし、ラインナップは20種類となりました。テクノロジーサイクルは、機能に応じて、段取りやワーク搬送をサポートする「Handling cycle」、計測をサポートする「Measuring cycle」、新しい加工方法やプログラム作成をサポートする「Shaping cycle」、センサで加工を監視・検知し、異常も未然に予防する「Monitoring cycle」の4つに分類され、DMG森精機ブースではそれら全ての実演と、弊社のアプリケーションエンジニアによるプレゼンテーションを行いました。また11月19日(土)には出展者ワークショップにおいて、弊社 専務執行役員 藤嶋 誠が「DMG MORI テクノロジーサイクル」をテーマに講演いたしました。

出展社ワークショップでの講演の様子

 

【記事の内容】
・ご覧頂いたお客様の声
・テクノロジーサイクル「グラインディング」のデモの様子
・テクノロジーサイクル「MVC」のデモの様子

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。