• ニュース&トピックス 2018/08/03 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器 #21
マシンバイスとサブテーブルの融合で
加工空間を最大限に活用できる汎用治具システム

シェア
タグ

ビルトインバイス

ワークを左右からクランプして固定するマシンバイスは、ワークの形状を問わず汎用性が高いため、さまざまな加工で活用されています。しかし従来のマシンバイスはテーブルの上に設置して使用する性質上、バイス本体の大きさ分だけ、機内の加工範囲が制限されてしまいます。この課題を解決するために、株式会社ナベヤとDMG森精機株式会社が共同開発したのが、マシンバイスとテーブルを融合した「ビルトインバイス」です。テーブル本体にバイスを組み込むという革新的な発想で、加工空間を最大限に活用することができる汎用治具システムです。

Z方向に約60%、Y方向に約74%加工範囲が拡大し
加工空間の体積は約2.7倍に増大

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。