• ニュース&トピックス 2018/03/02 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器 #17
バイスをロボット搬送し、多品種のワークに対応
夜間や休日を有効活用できる
自動化対応治具システム

シェア
タグ

働き方改革や少子高齢化による人手不足などの影響から、機械稼働率や生産性の向上は、多くのお客様にとっての緊急の課題となっているではないでしょうか。

そのような課題を解決するためには自動化が有効な手段となりますが、一方で自動化された専用機では多品種加工が難しいという課題もあります。

そこで開発されたのが、株式会社ナベヤの「ネオ グリップ(ロボット搬送対応)」です。ネオ グリップは、ワークをセットしたバイス(ネオ グリップ)ごとロボットで自動搬送し、多品種の加工も可能にする自動化対応治具システムです。

ワークをバイスごと搬送
口金を交換するだけで多様な形状のワークに対応

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。