• 製品情報 2016/11/17 更新
  • 印刷する

テクノロジーサイクル:切削サイクル

DMG MORI gearMILL

シェア

DMG MORI gearMILL

各種ギヤ加工に対応

DMG MORI gearMILLは、従来は専用機を含む複数の工作機械で、ホブカッタやピニオンカッタなどの専用工具で行っていた歯車加工を、5軸マシニングセンタ1台と汎用のエンドミルやカッタで加工するテクノロジーサイクルです。歯車の諸元や使用工具の設定など一連のプログラムをパソコン上で簡単に作成し、さまざまな歯車の加工を効率よく行います。

主な対応機種

  • DMU/DMC monoBLOCKシリーズ
  • DMU/DMC(FD)duoBLOCKシリーズ
  • DMU eVoシリーズ
  • DMU 50(FANUC)
  • NLX、NZX、NVX、MHX、NTXシリーズ

開発の背景

近年、自動車や建設機械、航空機、風力発電など、さまざまな動力装置の高機能化や省エネルギー化が進み、それに伴い、軽量、コンパクト、高精度、低振動などを満たす高性能な歯車が求められています。歯車は、ホブ盤やブローチ盤などの専用機を含む複数の工作機械で生産されることが一般的ですが、各工程でアイドル時間が発生するため、完成品までの時間がかかり、また複数機への投資という課題がありました。
そこでDMG森精機は、このようなギヤ加工の課題にお応えするために、1台の機械でギヤ加工行うことができるDMG MORI gearMILLを開発いたしました。

ユニークセリングポイント

1.汎用性

DMG MORI gearMILLは、CAMソフトのようにパソコン上で動作*し、モデリング、ツールパス生成、測定をサポートするソフトウェアです。歯車の諸元と使用する工具を設定することで、スパーギヤ(平歯車)やヘリカルギヤ(はすば歯車)だけでなく、やまば歯車、べベルギヤ(直歯、はず歯、まがり歯等の傘歯車)、ハイポイドギヤなどさまざまな歯形のツールパスを作成することができます。高価な専用工具ではなく、汎用工具を用いて加工するため、さまざまな加工にも柔軟に対応します。対応機種は幅広く、当社の5軸加工機であれば、ほぼ全てでご使用いただくことができます。

  • *Windows7 Professional以降の32ビット版または64ビット版

2.工程集約

ギヤ加工は従来、ターニングセンタとマシニングセンタ、そして歯車加工用の専用機というように複数の機械が必要でしたが、DMG gearMILLでは、5軸加工機1台で、完成品まで加工することが可能なため、機械台数を削減することができます。また、段取り替えが不要なためアイドル時間が短縮し、加工時間は20%短縮(当社調べ)するなど、単位面積当たりの生産性が大幅に向上します。

3.プログラミング時間の短縮

歯車の形状や大きさといった情報を、パソコン上でグラフィックを確認しながら設定することができます。パラメータの入力は特別なスキルが不要のため、短時間でプログラムを作成することができます。

歯形状の自動計算

ギヤ噛み合い部の表示

工程集約と加工時間の短縮

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。