• 技術レポート 2018/03/01 更新
  • 印刷する

立形マシニングセンタ CMX V シリーズの特長とテクノロジーサイクル

シェア
タグ
雑誌名 機械技術 2017年5月号
著者 湯浅卓
伊賀商品部
公開日 2018年3月

1. はじめに
近年、生産現場においては工程集約や自動化を実現するため、多様な機能を充実させた工作機械やシステム構築が求められている。今までこれらを実現するためには、お客様自らが生産現場において工作機械と周辺装置を組み合わせ、システム構築を手がけていたが、今後はこのような立上げに時間のかかる作業を工作機械メーカーが担うことが求められている。

※組織名・肩書は執筆当時のものになります。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。