• 技術レポート 2016/04/29 更新
  • 印刷する

私と機械技術 安全な工作機械を作る

シェア
タグ
雑誌名 私と機械技術 安全な工作機械を作る 2007年1月
著者 藤嶋 誠
常務取締役
公開日 2007年1月

工作機械はプロが使用する工業製品とはいえ、一歩間違えば致命傷を負う装置です。職人といわれる人たちは試し削りの際にドアを開け、目、耳、手の感覚などで加工の速度を調整し決定します。また切りくずを運転中に除去するような作業をされる場合もありました。

※組織名・肩書は執筆当時のものになります。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。