• ニュース&トピックス 2017/04/27 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器 #8
一度に異なる形状のワークを10個以上クランプ
段取り替え回数を大幅に削減するタワー型バイス

シェア
タグ

機械の稼働時間の向上は、全てのお客様が抱えている課題でしょう。特に、多品種少量生産で段取り替えを頻繁に行うお客様にとっては非常に大きな課題です。もし1つのバイスに複数個のワークをクランプできれば、機械の稼働時間を増やすことができます。さらに、異なる形状のワークをクランプできれば、いままでのようにワーク毎に専用治具を用意する必要もないため、効率も向上します。このようなことを可能する、ドイツ・ロームヘルド社の横形マシニングセンタ専用タワー型バイス「TSシリーズ」をご紹介します。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。