トピックス・業界動向

ホットキーワード:
  • ニュース&トピックス 2017/03/06 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器#5
段取り時間を最大90 %短縮!
着脱に特化した逸品治具

シェア
タグ

工作機械のテーブル上にワークをセットする時、バイスを使うにしろ直接固定するにせよ、固定具が必要になります。さらに位置決めも必要なため、セットアップには時間がかかってしまいます。また、ワークを直接固定する場合は、テーブルに固定するための加工も行わなければなりません。 これをワークごとに繰り返すのは時間のムダです。何とか短縮できないものかとお悩みの方は多いのではないのでしょうか?このようなお悩みを解決するのが、ドイツ・シュンク社が開発したクイックチェンジ・パレットシステム「VERO-S」です。

専用ピンとモジュールを使い、段取り時間を最大90%短縮

「VERO-S」は、機械を停止せずに行う段取り作業の時間が増やせるため、ワークのセットアップ時間を大幅に短縮し、段取り時間を最大90%短縮できます。あらかじめテーブル上にモジュールをセットし、底に専用のピンを取り付けたバイスやワークをモジュールにはめ込むだけで、位置決めもできます。はめ込んだ後、エアを抜けば固定完了。エアを入れれば外すことができます。 また、完全自動化にも対応。ロボットでベースプレートごとローダ/アンローダすることも可能です。

ターボ機能を使えば把持力はさらにアップ

把持力は7.5 kN。モジュール内のバネによってピンを把持するため、高い把持力を実現しました。空気圧を追加することで把持力を高めるターボ機能のついたタイプであれば、最大25 kNまで把持力をアップすることができます。

段取り替え時間の大幅な短縮に加え、1回のクランプで5面加工が可能に

航空機関係の大型ワークを扱っているお客様は、ワークをクランプする時に、固定治具で横から押さえることが重要でした。そのため、段取り替えに時間がかるだけでなく、加工面が変わるたびに同じ段取り作業を繰り返す必要がありました。

そこでこのお客様は「VERO-S」を導入され、専用ピンを埋め込んだワークをテーブル上のモジュールにセットするように変更されました。底面のみの固定でよくなったため、段取り替えの時間が短縮できたほか、横側で工具の干渉が起きないので1回のクランプで5面加工が可能になり、生産性が大幅に向上しました。

「VERO-S」は多品種少量生産で段取り替えが頻繁に起こる加工はもちろんのこと、クランプが重要な大型ワークの加工にも最適です。

シュンク・ジャパン株式会社

シュンク・ジャパン株式会社
所在地:〒140-0004 東京都品川区南品川2-2-13 南品川JNビル1F

この記事では、DMG森精機が世界中から厳選した逸品機器をご紹介しています。

ご紹介の製品は、DMG森精機のショールームにてご覧いただけます*。

*一部、期間限定となっておりますので、事前にご確認ください。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。