CLOSE

世界の逸品

  • 世界の逸品 2021/02/02 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器 #33
つかむと同時に寸法を測定
省人化・生産性向上に貢献する
薄形2爪平行グリッパ スケール仕様「NPGT_S」

シェア
タグ
  • 周辺機器

自動化ラインでは、素材投入から加工完了までの間に、ワークの形状が寸法通りになっているかを確かめるため、検査が必要です。しかし、検査は測定場所や人員の確保、検査時間がかかるため、生産効率の低下の要因となります。また、自動化ラインではワークの把持部に異物や切りくずなどが付着することもあります。正しく把持できないと、搬送中の落下や次工程で正しい位置に置けずに不具合が発生し、ラインが停止することもあります。それらの問題を解決するのが北川鉄工所の薄型2爪平行グリッパ スケール仕様「NPGT_S」です。

旋盤用チャック生産のノウハウを活かして高精度と高耐久性を実現

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。