• ニュース&トピックス 2018/05/23 更新
  • 印刷する

加工のコツvol.18
タップ加工のトラブルと対策方法
その1(折損の防ぎ方)

シェア
タグ

タップ加工は加工工程の最後に行われることが多いため、失敗した時のリスクが大きい加工です。とくにM4以下のタップは細く、剛性が低いため、折損や加工精度不良にお困りの方も多いのではないでしょうか。

当社でもタップ加工において、「突発的な折損」「ねじ山のむしれ」「ねじゲージの通り止り異常」などのご相談をいただくことがあります。そこでタップ加工における「折損」「ねじ山の不良」「ねじ精度の不良」についてシリーズでご紹介します。まず今回は、タップの折損についてです。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。