CLOSE

お客様事例

  • お客様事例 2020/01/31 更新
  • 印刷する

株式会社ミズノマシナリー

5軸×アルミ加工の達人 Vol.2
「技術力を高めた社内ものづくりコンテスト」

シェア
5軸加工機の専用工場
代表取締役 水野文政社長

「ドイツの機械を使ってみたかった」。ミズノマシナリーがDMG森精機のマシニングセンタ(MC)を導入したのは、そんな「単純なきっかけ」だったと、水野文政社長は打ち明ける。その憧れの源流は、実は創業者でもある、水野社長の父の思いだった。「父が戦前に旋盤工として働いていた工場では、腕を上げるとドイツ製旋盤を使わせてもらったと、子供のころからさんざん聞かされていた」という。初めて導入したのは3軸機だったが、その性能にほれ込み、同時5軸機も次々とそろえていった。「DMGの機械を入れていることがPRになり、増設するごとに売り上げも伸びていった」と、水野社長は話す。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。