CLOSE

お客様事例

  • お客様事例 2020/02/12 更新
  • 印刷する

東金属産業株式会社

【Vol2】ものづくりに革命を起こす金属3Dプリンタをいち早く導入
LASERTEC 30 SLM 2nd Generationの機能を駆使し 複雑な形状を高精度に造形

シェア

共同で機械のブラッシュアップを図るDMG MORIの姿勢に共感
金属3Dプリンタによる次世代のAMに挑む

DMG MORIの新型機を導入

左から)LASERTEC 30 SLM 2nd Generationの前に立つ社長の田中健太郎様、AM部部長の大隈伸也様、オペレーターの佐々木秀彦様。

着実にAMの技術力を高めた東金属産業。しかし当時の金属3Dプリンタは、材料であるパウダーの補給や交換時に、パウダーの粉塵が飛散する懸念があった。そのため同社では、オペレーションルームに空気中の金属粉の濃度を測定するメーターを設置するなど気を配っていた。
そのような中、2018年に開催されたJIMTOF2018において、DMG森精機のLASERTEC 30 SLM 2nd Generationと田中社長は出会う。DMG 森精機は、セレクティブレーザメルティング(SLM)の技術力を持つドイツ・REALIZER社を子会社化するなど、AM分野での技術革新を加速させていた。一連の動向を注視していた田中健太郎社長は、材料の充填や交換時に、パウダーが一切外に漏れない金属3Dプリンタを求めていた中で、DMG森精機が金属3Dプリンタの徹底的な分析・研究を経て開発された新製品を発売すると聞き、期待していたという。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。