• お客様事例 2019/04/04 更新
  • 印刷する

株式会社小沢精密工業

工作機械×ネットワーク活用の達人 Vol.2
~稼働状況の見える化で得た2つの効果~

シェア

Messengerは低コストかつ将来の拡張にも対応

―Messengerを選定した理由をお聞かせください。

工作機械メーカーやサードパーティによるデジタルソリューションをいくつか比較・検討しました。そのなかでDMG森精機のMessengerを選定したのは以下の理由からです。

【理由1】多数を占めるDMG森精機の工作機械

当社の工作機械は6割以上がDMG森精機製です。当然、DMG森精機のデジタルソリューションであるMessengerが第一候補となります。

【理由2】低コスト

この検討を始める少し前に加工時間の大幅な短縮化に役立つDMG森精機のオペレーティングシステムCELOSを搭載した工作機械を導入していました。同時に生産性向上のための継続的なソフトウェアやサービスなどを保証するCELOS Clubに入会したことで、Messengerを安価に導入できると分かりました。

【理由3】今後の拡張性

現在のところ、DMG森精機の工作機械の稼働状況が分かれば十分ですが、将来的にはすべての工作機械の稼働状況を見える化したいと考えています。今後DMG森精機では、他メーカーの工作機械もCELOS Clubでつなぐことができるようになっていくと聞いています。将来的な展望に対応できる点でも、Messengerは最良の選択肢でした。

※DMG MORI Messengerは、他メーカーの工作機械との接続ができない場合もあります。詳細はDMG森精機の担当者までお問い合わせください。

―Messenger導入後、どのような効果がありましたか?

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。