• お客様事例 2016/06/02 更新
  • 印刷する

大同特殊鋼株式会社

生産効率と精度の向上を求めて切削条件を最適化
5 軸制御加工機の限界に迫る

シェア

「加工条件の限界を探りながら、要求水準の精度を確保し、生産効率を 極限まで高める課題に挑戦しています。具体的には、 切削抵抗を可能な 限り下げ、振動を最低レベルまで抑えこみます」 と、大同特殊鋼株式会社 研究開発本部の中川純一氏は、その業務内容を語ります。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。