• 製品情報 2016/11/17 更新
  • 印刷する

テクノロジーサイクル:切削サイクル

ギヤスカイビング

シェア

ギヤスカイビング

パワースカイビングのプログラミングをサポート

ギヤスカイビングは、パワースカイビングと呼ばれる歯車加工のプログラミングをサポートするテクノロジーサイクルです。対話形式による設定により、簡単に最適なスカイビング加工のプログラムが作成可能で、プログラミング時間を大幅に短縮することができます。

主な対応機種

  • NLX シリーズ(Y仕様)
  • CTX TC/CTX TC 4Aシリーズ
  • DMU/DMC FD duoBLOCK シリーズ
  • NTX、NZXシリーズ

開発の背景

近年注目されているパワースカイビングとは、ワークとスカイビング工具を一定の角度を保つように取り付けて同期回転させ、歯車を生成する革新的な加工法です。しかし、パワースカイビングのプログラム作成は、プログラミングが非常に複雑で作成に時間がかかります。そこでDMG森精機では、パワースカイビング加工のプログラミングを簡単かつ短時間で行うギヤスカイビングを開発いたしました。

ユニークセリングポイント

1.汎用性

ギヤスカイビングは、当社のターニングセンタとマシニングセンタの両方で使用可能で、スパーギヤ(平歯車)やヘリカルギヤ(はすば歯車)などの外歯車・内歯車、スプライン加工にも対応します。現在はターニングセンタNLXシリーズ(Y軸仕様)や複合加工機CTX TCシリーズ、5軸マシニングセンタDMU FD duoBLOCKシリーズで使用可能で、対応機種は順次拡大予定です。

2.対話形式のプログラミング

ギヤの歯数や角度などのパラメータを、HMIであるCELOSに表示されたグラフィックを確認しながら、対話形式で設定することができます。パラメータの入力は特別なスキルが不要で、プログラミングを対話形式で行うため、短時間でプログラムを作成することができます。

3.高生産性

ギヤスカイビングは、これまで専用機を含む複数の工作機械で対応していた歯車加工を1台の工作機械で加工することが可能です。例えば専用機を含む3台の工作機械を使用して、計9回の段取り作業を行う必要があった加工も、ギヤスカイビングを搭載した複合加工機CTX TCシリーズであれば、1台の工作機械を用いて1回の段取り作業だけで完成品まで加工することができます。
例えば、従来は歯切り加工、シェービング加工を別の機械で行い40分かかっていた歯車の加工が、ギヤスカイビングを搭載することで、10分で加工することができます(当社調べ)。

対話形式によるギヤパラメータの入力
(内歯車加工)

対話形式によるギヤパラメータの入力
(外歯車加工)

工程集約と加工時間の短縮

※工作機械上で最終検査が可能。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。