CLOSE

セミナー・お役立ち資料

  • セミナー・お役立ち資料 2024/07/10 更新
  • 印刷する

MXガイドブック Vol.6
ギヤ加工×テクノロジーサイクルの活用方法~より効率的にギヤの内製を行うためには~

シェア
タグ
  • 5軸化/複合化
  • 5軸加工機
  • 複合加工機
  • テクノロジーサイクル
  • 自動車
  • 航空/宇宙
  • 産業機械
  • 生産性向上
  • 精度向上
  • 工程集約
  • プログラミング効率化
  • ギヤ加工
  • ホブ加工
  • スカイビング加工
概要

本ガイドブックでは、MX(マシニング・トランスフォーメーション)を実現するための1つとして「汎用機である5 軸・複合加工機を活用したギヤ加工を効率化する方法」についてご説明しています。

【ギヤ加工で専用機を使用して加工しているお客様必見!】
 従来のギヤ加工では、ターニングセンタとマシニングセンタ、そしてギヤ加工用の専用機といった複数の機械を使用して生産することが一般的でした。しかしながら、近年の工作機械技術の発展や機械の高精度化・高剛性化により、汎用加工機でもギヤ加工を行うことができます。
自動車や航空機、産業機器などのさまざまな分野で、高精度なギヤの需要が高まり、ギヤを効率よく製作し、安定供給する目的で、従来の複数設備を用いた工程を見直すお客様が増えています。
 本書では、DMG 森精機の工作機械とギヤ加工向けに開発したソリューションを活用することで、高精度なギヤを効率的に生産する方法をご紹介します。

 

>>このようなお客様におすすめ!
・ギヤの専用機で加工を行っている
・5軸加工機や複合加工機などの汎用機でのギヤ加工方法について知りたい
・専用機からの置き換えで、どのくらいの効果があるのか事例を知りたい

 

>>マシニング・トランスフォーメーションとは?
 マシニングトランスフォーメーション(MX)とは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を使って、⼯程集約して⾃動化し、最終的にグリーン・トランスフォーメーション(GX)を実現することです。GXとは⼈、資源、エネルギー、工場面積、時間、全てにおいて、リーンでクリーンな⽣産現場にする事と位置付けています。

 

3軸加工機から5軸加工機への移行術

 

Web会員限定で公開しておりますので、会員登録(無料)がまだの方は、この機会にぜひご登録をお願いいたします。

※組織名・肩書は執筆当時のものになります。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。