• 周辺機器 2018/05/30 更新
  • 印刷する

計測関連:機内計測装置

タッチセンサ「PowerProbe 40 optical,OTS」

シェア

段取りや芯出しに要する時間を最大90%短縮

レニショープローブシステムを用いた自動パーツ芯出し、および工具計測は手作業時と比較し、最大1/10の時間で完了できます。言い換えると、即効性があり、かつ非常に高いコスト削減効果を発揮すると言えます。スクラップや再加工が発生すると、生産性と収益が低下します。レニショープローブシステムは、「right first time」の実現を助け、無駄の低減と収益の向上につなげます。

※お取り扱い状況については、弊社営業担当者までご確認ください。
※メーカー名:Renishaw(イギリス)

主な特長

1.赤外線通信式プローブシステム

ケーブルに拘束されないプローブ計測なので、機械の動きは制限されません。

2.実証済・特許取得済のキネマチック機構

三次元測定機用プローブヘッドでも使用されているキネマチック機構を採用しています。

3.モジュレーテッド信号伝達方式

信頼性の高いモジュレーテッドオプチカル信号伝達方式により、
光学干渉への耐性を強化しています。

4.防水性能・堅牢性

工作機械の環境下でご使用が可能な高い防水性能(IPX8)・堅牢性を備えています。

なぜプローブが必要か?(基本的なパーツ芯出し)

なぜプローブが必要か?(工具計測)

芯出し・段取り計測

コンポーネントの位置とアライメントの機上計測自動化

  • 高価な治具が不要で手動芯出しによるエラーを排除
  • 新たな加工工程を短時間で構築・導入して、新規顧客のニーズに対応
  • 段取り時間を短縮、品質を向上、スクラップを低減

機上自動工具計測により、マニュアルでの工具計測作業が不要になります

  • 手動計測によるエラーを排除しデータ入力作業を不要に
  • 高さオフセットを計測して、工具長が許容値内であるかをチェック
  • 段取り時間を短縮、品質を向上、スクラップを低減

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。