• セミナー資料 2018/07/20 更新
  • 印刷する

テクノロジーセミナー
FBM(=Feature Based Machining)の可能性

シェア
タグ
日時 2018/7/11
会場 DMG森精機株式会社 東京グローバルヘッドクォータ
講師 DMG森精機株式会社
東京SC加工技術部
佐々木 麻倫子
概要

FBM (=Feature Based Machining) とは?
・フィーチャー(Feature):
CADモデル上の穴や面、ポケットといった要素のこと
・FBM=Feature Based Machining:
フィーチャーをCAM上で自動で認識し、そこに加工パスを生成する 機能の総称

何故、FBMが注目されるのか?
・典型的なパーツ形状が多く同じ操作の繰り返しでうんざり
・CAMプログラミングに割く時間がない
・CAMプログラミングを出来る人材が不足している

今注目のFeatureCAM(Feature Based programming system)のメリットと、
FeatureCAMを用いた事例をご紹介いたします。

DMG MORI テクノロジーセミナー FBM(=Feature Based Machining)の可能性

※組織名・肩書は執筆当時のものになります。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。