トピックス・業界動向

  • セミナー資料 2017/06/08 更新
  • 印刷する

テクノロジーセミナー
「複合加工機の簡易活用システム」
「加工時間の高精度見積りシステム」

シェア
タグ
日時 2017/5/11
会場 DMG森精機株式会社 東京グローバルヘッドクォータ
講師 慶應義塾大学
理工学部 システムデザイン工学科
青山 英樹 先生
概要

複数の切削工具での同時加工が可能な複合加工機は、加工効率が向上するが、運動が複雑なため、効果的なNCプログラムの生成が難しく、切削工具と工作機械の干渉も頻度高く発生します。
この問題を解決するため、①「カメラにより加工機内環境(切削工具、工作物)を認識し、干渉を回避するパラメータを自動的に工作機械に入力する機能」、②「複数切削工具で同時切削を行う工程設計を自動構築し、自動でNCプログラムを生成する機能」を開発されており、これらの手法についてご紹介いただきました。

また、金型のような大物・単品加工を行う場合、加工時間を予測し、加工のスケジューリングを行うことが要求されています。しかし、加工時間の正確な予測は難しく、実加工時間が予測加工時間よりも2倍程度になる場合もあります。これは、加工時間の予測において、工作機械の制御特性を考慮していないことに起因しています。この問題を解決するため、工作機械の制御特性を自動的に同定し、高精度(4%以内)で加工時間を見積もる手法についてもご紹介いただきました。

DMG MORI テクノロジーセミナー 「複合加工機の簡易活用システム」および「加工時間の高精度見積りシステム」

※組織名・肩書は執筆当時のものになります。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。