トピックス・業界動向

  • ニュース&トピックス 2017/07/13 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器 #10
工具管理から始めるIoT
工具の使用状況を迅速かつ正確に把握

シェア
タグ

「使いたい時に必要な工具が見当たらない」「発注忘れで必要な工具が欠品になっている」
このような経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

日ごろから在庫管理を徹底することができればこのような事態を避けることができますが、その管理のために十分な時間を割く余裕がない、という方も多くいらっしゃると思います。

このような課題の解決に向けて、今回は、IoTの活用によって工具管理のヒューマンエラーを防止するタンガロイ社の工具在庫管理キャビネット「MATRIX」をご紹介いたします。

MATRIXを用いることにより、工具の使用状況を迅速、かつ正確に把握できるほか、工具探しの時間短縮による生産性向上にも貢献するなど、今までの工具管理が劇的に変化します。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。