トピックス・業界動向

  • ニュース&トピックス 2017/07/05 更新
  • 印刷する

加工のコツ vol.10
かゆい所に手が届く
切りくず問題の解決方法

シェア
タグ

ものづくりにおいて加工コストの削減は恒久的な課題であり、その改善策に「自動化」と「高能率加工」が挙げられます。自動化と高能率加工は両立することが理想ですが、「言うは易く、行うは難し」で、簡単には実現できません。しかし、高圧クーラントを使用すると、自動化と高能率加工を両立させることができるかもしれません。ここでは、自動化に着眼し、その中での高圧クーラントの働きと動向について解説します。

自動化を阻害する主因の一つに「切りくず」があります。切りくずが長く繋がると、工作物や工具に絡みつくため、人手で切りくずを除去しなければならず、自動化を行うことが難しくなります。

切りくずを細かく分断するためにチップのすくい面には「チップブレーカ」が施されていますが、低炭素鋼やアルミニウム合金など粘り強い材料では、チップブレーカが作用する送り量や切込み深さで削ったとしても、切りくずが分断されず、長く繋がることがあります。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。