CLOSE

お客様事例

  • お客様事例 2019/12/10 更新
  • 印刷する

株式会社 北菱

大型ワーク加工の技術・ノウハウを航空機に生かす
5軸加工機導入で新規参入のハードル乗り越える

シェア

中部・北陸5県(愛知、岐阜、三重、石川、富山)は、航空機関連の生産額が5県で国内全体の過半を占めるほど航空機産業が盛んな地域となっている。国産小型ジェット旅客機「MRJ」の最終組立工場(愛知県豊山町)を拠点に、宇宙・航空産業で地域おこしを図ろうとの官民挙げた取り組みが、同地域に関連企業を呼び込み、新規参入組も少なからず輩出している。そんな、航空機産業への新規参入を果たした企業の一つに北菱(石川県小松市、谷口直樹社長)がある。自動車・建機部品や下水道ロボットを開発・製造している同社は、成長が見込め、自社の技術力が生きる新分野として航空機産業に狙いを定め、設備投資を断行し、着々と成果を上げてきている。

自社技術生かせる成長産業に照準

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。