• お客様事例 2018/04/06 更新
  • 印刷する

株式会社フジメタル

複合加工機×ロボット活用の達人に聞く vol.2
「工程集約への壁を乗り越えた3つのポイント」

シェア

ロボットのアームが、40キロ~50キログラムの重さがあるワークをつかみ上げ、複合加工機にセットする。フジメタル様の最新鋭工場では、DMG森精機の複合加工機3台がそれぞれロボットと組み合わされ、ワークのセットから加工、加工後の洗浄までの自動化を実現している。「増加する生産に対応するために、工場と機械は投資すれば何とかなりますが、そうなると今度は人材育成、つまりオペレータの採用とスキルが追いつかない。それなら自動化が良いと判断した」と、藤井社長は自動化導入を決意した理由を話す。

代表取締役 藤井政敏様

工程集約を阻む切りくず処理
DMG森精機のある提案が突破口に

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。