• お客様事例 2017/11/08 更新
  • 印刷する

Schaeffler Technologies AG & Co. KG

拡大するソフトウェアとデジタルサービスの重要性
DMG MORIとSCHAEFFLERの「Machine Tool 4.0」
イノベーションプロジェクト

シェア

Schaeffler社では、DMG MORIと共同開発した「Machine Tool 4.0」をドイツ ヘーヒシュタット工場で活用されています。これは従来のシステムとどのように異なるのでしょうか。
同社の製造部門 デジタル化担当マネージャー Roberto Henkel様にお話を伺いました。

DMG MORIとSCHAEFFLERの「Machine Tool 4.0」イノベーションプロジェクト
  • 60個のセンサにより、工作機械を継続的にモニタリング
  • CELOSアプリ「CONDITION ANALYZER(コンディションアナライザー)」により、機械の状態や稼働状況を分析
    – NCプログラムや加工プロセスの最適化
    – 電力や潤滑剤の効率的な活用
    – 故障の早期検出、原因分析

Schaeffler Technologies AG & Co. KG 製造部門 デジタル化担当マネージャー Roberto Henkel様

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。