• お客様事例 2017/11/27 更新
  • 印刷する

株式会社 秋谷鉄工所

多品種少量産加工の先進企業【前編】

シェア

HEADLINE

・人手不足への危機感から自動化は必然、システムは「入れれば使う努力をする」と考え、導入に迷いはなかった

・本格的な24時間生産への壁は夜間のトラブル停止、解決には稼働/停止状態の「見える化」が不可欠だった

秋谷鉄工所様は、半導体製造装置やロボット部品など、月に300~400種類の機械・構造物の部品を加工する従業員数約40名の企業だ。多品種小ロットという生産形態の中で、10年前に自動化システムを導入し、昨年はこれにIoTソリューションを組み合わせ、着実に生産性を高めてきた企業として注目を集めている。今回はそのような同社の考え方と取り組みについて、代表取締役の秋谷昌宏様に話を伺った。

人手不足への危機感から自動化は必然
システムは「入れれば使う努力をする」と考え、導入に迷いはなかった

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。