• お客様事例 2016/06/02 更新
  • 印刷する

株式会社イナバエンジニア

精度は最高レベルで即対応
同時5軸加工機だからできる試作品製作

シェア

「いきなり飛び込んでくるオーダーに全力で対応するのが、試作屋の宿命です。もちろん難しい仕事ばかりで、例えば薄さ0.5mmの製品を0.3mmに、さらに0.2mmにしたいといった具合です」と、社長の稲葉貞次様は業務内容を説明されます。

精密加工をする上で、視認性の良さは必須条件となります。

同社の精緻を極めた技の集大成が、切削加工ドリームコンテスト金賞受賞の『リブボール』。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。