• 製品情報 2016/11/17 更新
  • 印刷する

テクノロジーサイクル:切削サイクル

オルタネーティングスピード

シェア

オルタネーティングスピード

主軸回転数の制御でびびりを抑制

オルタネ―ティングスピードは、旋削加工(ターニング)において、主軸の回転数を周期的に変更させることで、加工中の振動を抑制するテクノロジーサイクルです。特にびびりが発生しやすいシャフトなどの長尺ワークに最適なソリューションです。

主な対応機種

  • CTXシリーズ
  • CTX TC/CTX TC 4Aシリーズ
  • DMU/DMC FD duoBLOCKシリーズ
  • DMU eVoシリーズ
  • NLX、NZX、NTXシリーズ

開発の背景

切削加工において、工具の推奨加工条件で加工を行ったとしても、びびりが発生して加工の精度や効率に影響を及ぼす場合があります。この場合、主軸の回転数を調整することで、びびりを解消する方法が一般的ですが、このプログラムは非常に複雑で作成に時間がかかります。
そこでDMG森精機では、このようなびびりを抑制するプログラムを簡単かつ短時間で作成することが可能なオルタネ―ティングスピードを開発いたしました。

ユニークセリングポイント

1.汎用性

オルタネ―ティングスピードは、ターニングセンタやダイレクトドライブテーブルを搭載したFD仕様の5軸加工機など多くの機種に対応しています。

2.対話形式のプログラミング

HMIであるCELOSに表示されたグラフィックを確認しながら、パラメータを入力するだけで、主軸回転数を増減させるプログラムを作成することが可能です。パラメータの入力は特別なスキルは不要で、プログラミングを対話形式で行うため、短時間でプログラムを作成することができます。

3.投資コスト低減

びびりを抑制する方法として、ボーリングバーや振れ止めを使用方法もありますが、オルタネーティングスピードはプログラムによりびびりを抑制するため、追加の周辺機器や設備への投資を抑えることができます。

回転周期のパラメータ入力

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。