• 製品情報 2016/11/17 更新
  • 印刷する

テクノロジーサイクル:切削サイクル

インターポレーションターニング

シェア

インターポレーションターニング

ミーリング主軸を使用した旋削加工をサポート

インターポレーションターニングは、オービット加工や補間旋削とも言われ、ミーリング主軸を用いた旋削加工のプログラミングをサポートするテクノロジーサイクルです。対話形式によるパラメータ入力により、ミーリング主軸の回転と円弧動作を同期させた旋削加工のプログラムが容易に作成可能になります。
(写真上:ターニング / 写真下:ミーリング)

主な対応機種

  • DMU/DMC monoBLOCKシリーズ
  • DMU eVoシリーズ
  • DMU/DMC FD duoBLOCKシリーズ
  • CTX TC/CTX TC 4Aシリーズ
  • NLX、NHX、NTXシリーズ

開発の背景

旋削形状が同軸上にないバルブのシール面などを加工する場合、ターニングセンタでは、作業工程と段取り時間の増加、特殊チャックの使用などの課題があります。また、ミーリング加工機を使用したオービット加工とも呼ばれる加工は、加工ワークを回転せずに加工が可能なため、精度面では有効なのですが、プログラミングが非常に複雑で作成に時間がかかります。そこでDMG森精機では、当社の5軸加工機や複合加工機で、オービット加工を簡単かつ短時間で行うインターポレーションターニングを開発いたしました。

ユニークセリングポイント

1.汎用性

インターポレーションターニングは、5軸加工機や複合加工機を使用してオービット加工を行うことができます。現在の対応機種は5軸加工機DMU monoBLOCKシリーズ、DMU eVoシリーズ、DMFシリーズ、DMU FD duoBLOCKシリーズ、立形マシニングセンタDMC Vシリーズ、複合加工機CTX TCシリーズなど幅広いラインアップで使用することができます。

2.対話形式のプログラミング

ミーリング主軸でテーパや円弧などの旋削形状を加工する場合には、高難度のプログラムが必要ですが、インターポレーションターニングは、HMIであるCELOSに表示されたグラフィックを確認しながら、パラメータを設定することができます。パラメータの入力は特別なスキルが不要で、プログラミングを対話形式で行うため、プログラミング難度の高いワークも短時間でプログラムを作成することができます。

3.ボーリング加工

インターポレーションターニングは、ボーリング加工もサポートしています。1本の工具で多種類の加工径に対応できますので、使用工具の種類を減らすことが可能となり、工具コストを削減することができます。

対話形式によるパラメータ入力

セミナー資料

IGA INNOVATION DAYS 2016 技術セミナー
「DMG MORI Technology Cycles」

テクノロジーサイクルについてより詳しく知りたい方は、こちらの資料をご覧ください。

≪主な内容≫

  • テクノロジーサイクルの概念と目指す姿
  • 製品ラインナップ

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。