• 製品情報 2016/11/17 更新
  • 印刷する

テクノロジーサイクル:ハンドリングサイクル

カウンタースピンドルティップ

シェア

カウンタースピンドルティップ

第2主軸に装着した心押しユニットの動作プログラミングをサポート

カウンタースピンドルティップは、ターニングセンタや複合加工機の第2主軸に装着した心押しユニットの動作プログラミングをサポートするテクノロジーサイクルです。対話形式による簡単な設定で、心押し動作のプログラムを作成することができます。

主な対応機種

  • NLX、NTXシリーズ*
  • NZX 1500、NZX 2000シリーズ*
  • CTX TC/CTX TC 4Aシリーズ*

*第2主軸仕様

開発の背景

第2主軸仕様でも心押し使用したい、第2主軸に心押しを装着した際のプログラミングが複雑で時間がかかるといったお客様の課題を解決するために、心押し動作のプログラミングを簡単かつ短時間で行うことのできるカウンタースピンドルティップを開発いたしました。

ユニークセリングポイント

1.汎用性

カウンタースピンドルティップは、心押し仕様の機械とは違い、第2主軸をシャフトワークの心押しとして使用できるため、用途に応じて柔軟な加工が可能です。第2主軸に装着する回転センタは、市販のものを使用可能です。

2.プログラミング時間の短縮

カウンタースピンドルティップは、第2主軸をリトラクト(退避)位置から心押し位置に移動させて、設定ボタンを押すだけで、座標と移動量を計算して位置設定を自動で行い、心押しの動作を簡単に設定することができます。

アプローチやリトラクトの移動量や心押し圧の設定を、HMIであるCELOSに表示されたグラフィックを確認しながら、ガイダンスに従って対話形式でプログラミングすることができます。パラメータの入力は特別なスキルが不要で、プログラミングを対話形式で行うため、短時間でプログラムを作成することができます。

従来のプロセスでは、心押し位置の決定からプログラミングの完了までに、10分程度の時間がかかっていましたが、タレットステディレストであれば、約1分でプログラミングを完了することができます(当社調べ)。

対話形式によるパラメータの入力

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。