• ニュース&トピックス 2018/11/28 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器 #24
ツールホルダの焼きばめ装置POWER CLAMP
瞬時の加熱・冷却能力を持ちながら、
ホルダの劣化を起こさない焼きばめ装置

シェア
タグ

焼きばめホルダを用いたツーリングは構成部品数が最小であるため、ツールのバランスが変化せず、振れ精度はツーリングの中でもトップクラスを誇っています。しかし、焼きばめに用いる装置は加熱範囲が広く、加熱時間が長くなるため、工具やホルダのフランジまで熱くなり、火傷の危険はもちろんのこと、ホルダの精度や工具のコーティングが劣化してしまうという問題があります。特に複数回使用した後は劣化の進行が激しく、振れ精度と把握力の低下が生じています。これらの課題を解決した装置がハイマー社の焼きばめ装置「POWER CLAMP」です。

電磁誘導コイルを用いて必要エリアのみを適切かつ瞬時に加熱・冷却

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。