• ニュース&トピックス 2018/09/19 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器 #23
世界初!
ラインセンサ方式で回転中の工具を測定する
高精度の非接触工具測定器

シェア
タグ

工具の測定には、接触式・レーザー点式・画像方式がありますが、接触式では回転振れを含んだ工具径の計測ができず、また接触する際の圧力で工具が折れてしまうケースがあります。一方、非接触のレーザー点式では、計測箇所がレーザーポイントの照射箇所のみに限定され、画像方式では、測定やデータ転送に時間を要するなど、それぞれにデメリットがあります。それらの課題をすべて解消できるのがラインセンサ方式です。そして、この方式を採用したのが大昭和精機株式会社の非接触工具測定器「ダイナライン」。「よりスピーディーに、より精確に工具を測定したい」とお考えのお客様に最適な商品です。

Z軸1.2μm × X軸3.2mm 線幅1.2μmという
極細かつ広範囲の測定を実現

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。