スポーツ支援 | ESGへの取り組み | サステナビリティ | DMG MORI

スポーツ支援

DMG MORIはスポーツチームの支援を行っています。スポンサーシップ、パートナーシップをDMG MORIのマーケティングと結びつけたスポーツマーケティングに取り組んでおり、Win-Winの関係構築に努めています。

DMG MORI SAILING TEAM
過酷なヨットレースへの挑戦

WRC

2018年10月30日、海洋冒険家の白石康次郎氏を迎え入れ、DMG MORI SAILING TEAMを発足いたしました。
2019年9月、フランス・ロリアンのチーム拠点にて、最新のフォイル艇「DMG MORI Global One(グローバル・ワン)」号の進水式を行いました。新艇は、白と黒を基調にデザインされ、荒波に耐え得る力強さと最新技術による速さ、DMG MORIやチームに携わるすべての方々との結束を表現し、レースで待ち受ける困難をみんなで乗り越えていくというメッセージも込められています。また、最新鋭の当社同時5軸加工機並びに複合加工機を使用して加工された部品が搭載されています。
チームは、2020年7月に開催された予選レースVendée Arctique Les Sables d’Olonne(ヴァンデ・アークティック・レ・サーブル・ドロンヌ)に出場・完走し、Vendée Globe2020(ヴァンデ・グローブ)への出場権を獲得。
2020年11月には、遂に単独・無寄港・無補給で南半球を一周する過酷なヨットレースVendée Globe2020に参戦しました。

WRC(FIA世界ラリー選手権)
テクノロジーパートナーを通じたプロモーション

WRC

2017年より、FIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦するTOYOTA GAZOO Racing World Rally Team(TGRWRT)を応援しています。TGR WRTは、WRC2018シーズンでマニュファクチャラーズタイトルを獲得、2019シーズンではドライバーズタイトルを獲得し、マシンの高い性能を証明しています。DMG MORIは、テクノロジーパートナーとしてもTGR WRTを支援しており、エンジンをはじめとする多数の部品がTMG社(TOYOTA Motorsport GmbH)にある当社機で加工され、ヤリスWRCに搭載されています。
2021年シーズンでは、11年振りにWRCの日本開催が予定されるなど、海外のみならず、国内でも関心が高まっています。