トピックス・業界動向

  • ニュース&トピックス 2017/01/11 更新
  • 印刷する

JIMTOF 2016レポート(vol.3 DMU210P)

シェア
タグ

DMG森精機株式会社(以下、DMG森精機)は、2016年11月17日(木)から11月22日(火)の6日間、東京ビッグサイトで開催された「JIMTOF2016」に出展いたしました。期間中はたくさんのお客様にご来場いただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

JIMTOF史上最大となる大型5面5軸加工機DMU 210P 2nd Generationを日本初公開

DMG森精機はJIMTOF2016において、JIMTOF史上最大(※)となる大型5面5軸加工機DMU 210 P 2nd Generationを日本初公開しました。DMU 210 P 2nd Generationの移動量は 2,100×2,100×1,250mm(X/Y/Z軸)、NC回転テーブルのサイズはø 1,700 mm、主軸最高回転速度は12000min-1です。
テーブルには最大8トンのワークを搭載可能で、1回のクランプで5面5軸加工に対応します。複数台で行っていた加工を1台に集約し、生産性の向上だけでなく、設備投資の削減と省スペース化にも効果的です。穴あけ専用機や3軸加工の大型門形加工機などを用いる従来工法と比較しても、工作機械4台分の加工能力を発揮します。
※当社歴代展示機での比較。(DMU Pシリーズ最大モデルのDMU 340Pは軸移動量3,400 mm、テーブルの最大積載質量16トン)

【記事の内容】
・DMU 210 Pのデモの様子
・ご覧頂いたお客様の声
・お得な補助金情報

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。