トピックス・業界動向

  • ニュース&トピックス 2017/01/11 更新
  • 印刷する

JIMTOF 2016レポート(vol.2 CMX Vシリーズ)

シェア
タグ

DMG森精機株式会社(以下、DMG森精機)は、2016年11月17日(木)から11月22日(火)の6日間、東京ビッグサイトで開催された「JIMTOF2016」に出展いたしました。期間中はたくさんのお客様にご来場いただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

立形マシニングセンタの新製品CMX Vシリーズを国内初公開

2016年9月に受注を開始した立形マシニングセンタCMX Vシリーズは、今回のJIMTOF2016がアジア初公開となりました。「Compact / Competitive / Customized」から成る3つの「C」をコンセプトに、多様化、高度化するお客様の要求にお応えするために開発いたしました。JIMTOF2016では、CMX Vシリーズ3 機種の中からCMX 1100 V とCMX 600 Vを展示し、デモ加工を行いました。

お客様からは、
「現在の工場に追加導入しやすいコンパクトさを実感できた。価格も手頃で、採算に合う万能マシニングセンタという印象。早めに発注して来年の前半からぜひ使いたい」
「このクラスは普段使いで工場の利益を支える“ど真ん中”の最重要機種。投資効果も出しやすいので積極的に検討したい」
「省スペース設計ながら主軸が40番なのがよい。30番では鉄系材料の重切削に物足りなさを感じていた」
「単体使用するだけでなく、コンパクトなので複数台を並べて加工ライン的な使い方も考えたい。オプションの多さも発展性や拡張性に有効」
など、前向きな声を数多くいただきました。

CMX Vシリーズ展示実演風景

【記事の内容】
・CMXの特徴と実際の加工ワーク
・スイスの「ピラニア社製のクランプ」のデモの様子
・お得な補助金情報

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。