• ニュース&トピックス 2019/04/19 更新
  • 印刷する

世界の逸品機器 #29
マシニングセンタに旋削機能を一体化
U軸システムで設備の集約化を実現

シェア
タグ
 
 

マシニングセンタでの加工後に、旋削工程が必要な場合―
その際に、まず必要となるのが、ターニングセンタなどの追加設備です。他にも、治具を作成したり、手間のかかるチャッキングや追加工程に伴うサイクルタイムの増加など、スペースとコストと時間という、頭を悩ませる3つの問題が一挙に発生します。また、大型のワークの場合、ターニングセンタに載せられないというケースも考えられます。これらの問題を、ひとつの製品で一挙に解決できるのが、KOMETのU軸システム「コムトロニック」です。

旋削加工からホーニング加工まで、マシニングセンタ一台で完結できる

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをお読みいただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。