• お客様事例 2016/08/09 更新
  • 印刷する

株式会社 和田機械製作所

RPP システムを統合した NHX 4000 による多品種少量生産の効率向上

シェア

1957 年創業の和田機械製作所は、 1973 年に沼津鉄工団地へ移転した後、医療分野に進出されました。以降 40 年以上にわたり、大手医療機器メーカーの最先端医療機器に必要な精密部品の切削加工に取り組み続けています。「お客様からは、遠方にも関わらず高品質を維持しながら納期を厳守し続けたと評価され、何度か表彰していただきました」と、社長の和田昌久様は歴史を振り返ります。

DMG MORI の迅速なサービス、工作機械の安定した精度など信頼性の面も高く評価されている専務の和田修平様。

ワーク最大振回し径が ø 630 mm の NHX 4000 の仕様を最大限に活かして加工された医療機器の部品。

この記事は会員限定です。会員登録をすると続きをご覧いただけます。

ブックマーク機能は会員限定のサービスです。
ご利用いただくには会員登録、またはログインが必要になります。