nano tech 2018

見どころ

 + パウダーベッド方式を採用したレーザ金属積層造形機 LASERTEC 30 SLM のデモ加工を実演

 + アディティブマニュファクチャリングのエキスパートによる最新ソリューションのご紹介

出展機紹介

LASERTEC 30 SLM

材料粉末を一層ずつ敷き詰め、その後にレーザで照射して任意の部分を
溶融させるパウダーベッド方式のアディティブマニュファクチャリング機です。
精密な造形が可能で、主に一体構造の製品や部品、一から製作する製品造形に
適しています。

主な特長

パウダーベッド方式による積層造形

 ・20~100 μmの積層厚さにより、高精度な3D部品造形を実現

 ・工具が届かず、切削が難しいインペラや歯冠のような
  複雑形状部品の小物ワークの精密な造形に最適

省スペース

 ・稼働軸が少なく、シンプルな機械構造により、クラス最小の
  フロアスペースを実現

作業性

 ・パウダ供給とパウダ回収機構をカートリッジ内におさめた材料粉末調整システムを搭載し、パウダの再利用率が向上
 ・操作盤はタッチパネル式を採用しており、3次元シミュレーションや積層プログラムを、簡単なタッチ操作で実現

 製品紹介動画はこちら