現場発・フリーディスカッション

  • ディスカッション01
  • ディスカッション02
  • ディスカッション03

女性の活躍に向けて女性の活躍に向けて

総務部 谷口 香 代表取締役 副社長 玉井 宏明,女性の活躍に向けて働き方、生き方のグローバルスタンダードを知って、自分のキャリアを自分で描いて欲しい。総務部 谷口 香 代表取締役 副社長 玉井 宏明,女性の活躍に向けて働き方、生き方のグローバルスタンダードを知って、自分のキャリアを自分で描いて欲しい。

世界トップメーカーとして めざすこと。 世界トップメーカーとして めざすこと。

ドイツ企業との提携で、DMG森精機は日独会社になりました。現在、工作機械分野の世界トップメーカーとして我々がめざすのは、日独両社の得意分野を統合させ、全世界でのシェアを狙うこと。そのため「2020年ビジョン」を掲げ、さまざまな改革に着手しているところです。ただ、最終的にめざすのは数字を伸ばすことではなく、お客様から選ばれる存在になること。ハードの開発・製造だけでなく、ソリューション提案も含めてお客様のご要望にお応えし、共に成長できる企業をめざしています。

社員サービス部 谷口 香

「女性だから」じゃなく「優秀だから」。DMG森精機の人材登用の基本。 「女性だから」じゃなく「優秀だから」。DMG森精機の人材登用の基本。

2016年4月から女性活躍推進法が施行され、企業が女性の採用・登用に積極的になっています。ただ当社では、以前から当たり前のことでした。1990年代から女性の海外駐在員を輩出してきましたし、技術開発部門でも女性エンジニアが活躍しています。それは「女性だから」ではなく、彼女たちが優秀だからです。今、当社では世界の拠点に約13000人の社員がいます。そのうちドイツ人と日本人が各4000人程度、アメリカ人は約1000人、中国人は約500人、うち女性が3割ほどを占めています。彼女たちの中には、マーケティング部門のトップや中国の工場長などもいます。多様な人材と共に働くことで、そのワークスタイル、キャリアの築き方のグローバルスタンダードを、身近で目の当たりにできるわけです。これから入社する若い人たちには、生き生きと働く世界の女性たちを見本にして、ぜひ頑張って欲しいと思います。

社員サービス部 谷口 香
副社長 玉井 宏明

多様な人材のチャレンジに期待。 多様な人材のチャレンジに期待。

私たちが求めるのは、自らの考えで新しいことを提案し、ゼロから何かをつくり出すチャレンジングな人です。そのベースとして持っていて欲しいのは、自社のビジネスや製品に対する誇り。そして論理的な思考力と、それに基づいたアウトプット力。英語やドイツ語が堪能なことに越したことはありませんが、まず日本語で論理的に話ができることが大前提です。もちろんそれは、女性社員に限ったことではありません。男女の区別なく全社員に同等の期待をかける。当社では、そんなスタンスのもと、社員一人ひとりに最大限のパフォーマンスをしてもらうためのサポートに全力をあげています。ただ業種柄、男性社員の比率が多いのは事実。多様な社員の活躍により企業としてさらに強くなる上でも、女性社員の分母を大きくする必要があります。採用数を増やすことはもちろん、出産・育児などのライフイベントによる離職率を下げることも大きな課題。ブランクをなるべく短くし、一人ひとりが長いスパンでキャリアビジョンを描ける体制をさらに強化していく予定です。そんな環境のもと、仕事にプライドを持って自己実現できる人に期待します。願うのは、多様なバックボーンを持つ社員一人ひとりが、仕事と家庭をバランスよく両立させながら自分自身のキャリアを形成していってくれること。それぞれの能力や個性を十分に発揮し、充実した人生を送ってもらいたいと思います。

副社長 玉井 宏明
pagetop