現場発・フリーディスカッション

  • ディスカッション01
  • ディスカッション02
  • ディスカッション03

活躍する女性社員紹介活躍する女性社員紹介

波多野 雅美 広報・展示会部 固定資産企画管理室 部長 2007年入社波多野 雅美 広報・展示会部 固定資産企画管理室 部長 2007年入社

外資系企業、グローバルビジネスを展開するメーカーでキャリアを積み、その経験を生かすためDMG森精機に転職。以来、マーケティング・広報のスペシャリストとして、自社と世界を繋いでいる。

ビジネスパートナーとして信頼されるために、自分の仕事は自分でつくった。 ビジネスパートナーとして信頼されるために、自分の仕事は自分でつくった。

私の大切な仕事仲間のひとりは、ドイツ人女性社員。共に闘ってきた、頼れる存在です。2009年にDMG MORI AGとの協業をスタートさせた当社は、2013年にDMG森精機に社名変更し、グローバル企業として新体制でさらなる成長への舵を切りました。そこで日独の一体化をさらに強めるため、私たち広報・展示会部もドイツのセントラルマーケティング部と協働し、全世界に向けたマーケティング・広報活動をするようになったのです。ドイツ人の女性社員はドイツ側のカウンターパーソン。現在、部長として広報・展示会部を率いる私と同じ立場です。日本とドイツ、異なるバックボーンを持つ者同士ですが、プロジェクトの目的を明確にしてメンバー全員で共有し、アイデアを出し合いながら一緒に枠組をつくっていきます。そんな中、改めて感じるのはつくり込みにおける日本人の確かな手腕。例えば、展示会でのお客様のおもてなしひとつとっても、そのためのアイデアの多彩さ、きめ細かさは、どの国にも負けないと思います。もちろんドイツ人にも優れた点がたくさんあります。そうしたお互いのスタッフの特性を尊重し補完し合いながら、ふたりでチーム全体を引っ張っているんです。

波多野 雅美

入社以来、広報畑を歩んで9年、部長になって3年。今年から固定資産企画管理室室長も兼務することになり、また新たな分野での挑戦が始まりました。勉強しなければならないことは山ほどありますが、だからこそ面白い。男女の区別なく、いろいろなチャンスが与えられることに感謝しています。当社は、多様な人材が個性やスキルを発揮するグローバル企業。それぞれの国籍、ジェンダー、経験があるからこそ実現できる働き方を一人ひとりが確立できる環境だと思います。そんなことを意識しながら、オンもオフも充実させ、自分が納得できるキャリアを築いていきたいです。

波多野 雅美

キャリア変遷 キャリア変遷

  • 1年目前職での経験を買われ、DMG森精機に入社。マーケティング戦略室(広報・展示会部の前身)で、製品発表会や展示会の運営、広報業務などに広く携わる。
  • 2年目以降世界各地域の営業担当者300人以上が一堂に会する「World Sales Meeting」の運営に携わる。伊賀工場の見学会や新製品の営業研修などの実施を経験。
  • 6年目ドイツ企業との協業に伴い、ドイツ側の広報部門・セントラルマーケティングと協働。ドイツ人女性リーダーと共に新体制づくりや個別案件をリードする。
  • 7年目階級を飛び越えた大抜擢で、広報・展示部室長に。その後、部長に昇格。国内各拠点に分かれるグループを統括し、24人の部下たちをマネジメントする。
  • 10年目固定資産管理室室長を兼務。自社所有の建物・設備・機械などの管理・維持に携わる。新たな分野への挑戦に、意欲を燃やす日々。
pagetop