現場発・フリーディスカッション

  • ディスカッション01
  • ディスカッション02
  • ディスカッション03

DMG MORIについてDMG MORIについて

技術革新を通して世界中のお客様のニーズに応え、新たなソリューション提供に挑戦し続けるDMG森精機。 『人こそが財産』という考えのもと、社員一人ひとりが自らの能力と個性を発揮できるように、 各種教育研修や福利厚生にも力を入れています。 ここには、あなたが活躍し成長できるフィールドがあります。

ダイバーシティ
43カ国157拠点、従業員12,400人

DMG森精機の全従業員のうち日本人は3分の1程度です。 DMG森精機では様々な言語・国籍・専門分野を持つ社員が働いています。異なるバックグラウンドを持つ者同士が協力して仕事を進めていく光景はグループ内のあらゆる分野でもはや日常的なものとなりました。ダイバーシティを尊重した働き方を実現するため様々な制度を整えており、例えば勤務地に関してもグローバル・ナショナル・リージョナルと各自に応じた働き方を選択することが出来ます。

一人当たり教育研修費1位

すべてのクオリティを高めるためには、優れた人材の育成が欠かせません。そのため人材育成には特に注力しており一人当たりに掛ける研修費は全国トップです。DMG森精機では研修専門の施設「DMG森精機アカデミー」を設立、全社員へ多種・多様な研修を実施しています。この他にも多種多様の研修制度を整えており、やる気のある社員をサポートする最高の環境を提供しています。
当社の研修体系についてはこちら

※日経HR発行 日本の優良企業パーフェクトブック
2017年度版、2018年度版より

有給取得

2017年のDMG森精機の有給取得平均日数は17日、有給取得率は92%です。
DMG森精機では「仕事を通して人生を豊かに」を合言葉に、社員が活き活きと働ける環境作りを進めており、残業時間の削減にも注力し様々な取り組みを行っています。
また、育児休暇制度・短時間勤務制度・在宅勤務制度などの制度も整備されており、2017年からは変形労働制・コアタイム(フレックスタイム)制も導入しています。これらにより各自のライフステージに応じた働き方を選択することが出来ます。

昨年度採用実績

文科系、理工系などの専攻、住んでいる地域、性別にかかわらず、多様な人材を採用しています。工作機械メーカーは機械系の人材ばかり、男性ばかりと思われがちですがそんなことはありません。昨年の採用実績は図の通りです。

pagetop