ホーム > 投資家情報 > 経営方針・戦略 > コーポレート・ガバナンス > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

私たちは、株主・投資家を始めとするステークホルダーの皆様が当社へのご理解を深めていただけるよう、迅速かつ正確で公平な情報開示に努めます。
また、IR活動をはじめとするコミュニケーション活動を展開し、当社への理解と信頼を得られるよう努めます。

2.情報開示基準

私たちは、法令を遵守すること、高い倫理観をもって企業活動を行うことに加え、公正で、透明性の高い情報の開示を適切に行います。
この他にも当社の判断により、投資家の皆様の当社への理解に有効と判断できる情報についても開示します。

3.情報開示方法

私たちは、適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開します。
また、これに該当しない情報についても、当ホームページへの掲載を通じて発信いたします。

4.沈黙期間

株価に影響の与える情報の漏洩を防ぎ、また、株主・投資家の皆様への公平性を確保するために、決算発表日前から約3週間を「沈黙期間」に設定しております。
この期間は決算に関する皆様からのご質問への回答やコメントを差し控えさせて頂きます。

5.将来の見通し

私たちが開示する情報のうち、今後の計画、見通し、戦略などの将来予測に関する情報については、開示時点において入手可能な情報に基づき、当社が合理的と判断したものです。
実際の業績は様々なリスクや不安定要素により、計画や見通しとは大きく異なる結果となる可能性があります。

Top