ホーム > 企業情報 > DMG森精機について > 沿革

沿革

DMG森精機 沿革

事業沿革

1948年奈良県大和郡山市において、繊維機械の製造・販売開始
1958年高速精密旋盤の製造・販売開始
1970年

伊賀工場(現伊賀事業所)
伊賀事業所建設・操業開始
1979年大阪証券取引所2部に上場
1981年東京証券取引所2部に上場
1982年MORI SEIKI GmbH 設立
1983年MORI SEIKI U.S.A., INC. 設立<現DMG MORI U.S.A., INC.>
伊賀第1工場本格稼働開始
東京・大阪両証券取引所1部に昇格
1987年

奈良工場(現奈良事業所)
奈良第1工場
奈良本社事務所完成
奈良第1工場本格稼働開始
1992年伊賀第2工場稼働開始
1997年伊賀第2工場精密棟操業開始
1999年

名古屋ビル(現名古屋本社)
名古屋ビル完成(現名古屋本社)
ISO9001 認証取得
2000年デジタル工学研究所(DTL)設立<現DMG MORI Digital Technology Laboratory Corporation>
2001年ISO14001認証取得
MORI SEIKI SHANGHAI CO., LTD. 設立
(株)太陽工機を子会社化
2002年24時間365日サービスサポート開始
旧日立精機の事業を継承
森精機グループの企業として営業開始
OHSAS18001認証取得
2003年

千葉事業所
千葉事業所操業開始
2004年人材開発センタ設立<現DMG森精機アカデミー>
名古屋へ本社機能移転
2005年伊賀事業所に熱処理工場を建設
2006年伊賀事業所に鋳物工場を建設
2007年

DIXI machines
(株)秋篠金型研究所設立
DIXI machinesを子会社化
2008年

TOBLER S.A.S.
TOBLER S.A.S.を子会社化
(株)ビー・ユー・ジーを子会社化
<現ビー・ユー・ジーDMG森精機(株)>
2009年東京支社開設
DMGと資本および業務提携
2010年

マグネスケール
ソニーマニュファクチュアリングシステムズ社の計測機器事業を譲受、
(株)マグネスケールとして子会社化
2011年(株)森精機セールスアンドサービス設立<現DMG森精機セールスアンドサービス(株)>
2012年伊賀事業所にベッド・コラム精密加工工場を建設
北米工場(カリフォルニア・デービス市)を建設
2013年天津工場(中国・天津)を建設
Top

DMG森精機 製品沿革

1960年

MH-1500
高速精密旋盤の輸出開始
1968年数値制御装置付旋盤の製造・販売開始
1976年

NCPL-300
NC旋盤の日本のシェア業界第1位
1977年

SL-2
SL-2開発
1981年

MV-40
立形マシニングセンタの製造・販売開始
1983年

MH-40
横形マシニングセンタの製造・販売開始
1994年

SH-50
SH-50開発
2000年

SH junior

MT2500SZ
SH junior開発
MTシリーズのラインアップ拡充
CAPS-NET運用開始
2003年重心駆動開発
ダイレクト・ドライブ方式モータ開発
NV 4000 DCG、NH 4000 DCG開発
ハイデンハイン社製CNC搭載機、欧州市場投入
2004年

NL2000
ビルトインモータ・タレット搭載NLシリーズ開発
2005年

NVD1500 DCG
NVD 1500 DCG開発
NTシリーズ開発
2006年

NMV5000 DCG
NMH 6300 DCG開発
NMV 5000 DCG開発
2007年

NZ2000 T3Y3
NZシリーズ開発
2009年統一操作盤MAPPSを全面リニューアル、MAPPS Ⅳとして新機種より搭載開始
2010年新シリーズ「X class」NLX、NVX、NHX、NTXシリーズ開発
2011年

NTX2000
NTX 2000を開発
NZXシリーズを開発
MILLTAP 700をDMGと共同開発
2012年

NVX5080 II
NVX 5000 Ⅱシリーズを開発
Top

DMG MORI AG 沿革

1870年機械工Friedrich GildemeisterがBielefeldにて創業
1906年Wilhelm Bergが最高経営責任者に
この頃から、工作機械の量産を開始
1910年主力製品として、タレット旋盤、多軸自動旋盤、フライス盤、立形および横形フライス盤に集中
1928年多軸自動旋盤(POX)を発表
1950年ハノーバー見本市で、旋盤RV50を発表
1961年現在のゼンネシュタット地区に新工場を建設、操業開始(1965年)
1975年EMOショーで、同社初のNC制御タイプの旋盤(NEF)を発表
1995年DECKEL MAHO AGを買収し、フライス・ドリル製造の事業を軌道に乗せる
※DECKELとMAHOは1993年に統合
1998年売上高が初めて10億マルクを突破(当時の平均レート 1マルク=70円)
1999年LCTec GmbH(現SAUER)の買収によって、レーザ技術分野に参入
2000年かつての子会社ギルデマイスターイタリアが傘下に復帰
2001年SAUER GmbH & Co.KG社への出資により、超音波加工の分野へ参入
2002年Seebachの新工場がドイツにて最高の工場であるTM-Industrial Excellence Award 2002で優勝
2003年日本ディエムジー(株)が横浜にテクノロジーセンタを開設
アジアで初の生産工場を上海に設立
2005年DMGアジアスペアパーツセンタを設立
2008年新しいデザインを採用
2011年HSCセンタを開設
2012年Seebachの工場を増設
Top

DMG MORI 沿革

2009年
協業開始
3月 DMGと森精機の資本業務提携開始
2010年 9月/10月 IMTS・JIMTOFにてDMGと森精機共同ブース出展
2012年 1月 スイスにDMG MORI Europe AGを設立
      欧州全域で共同販売、サービスを開始
2013年
社名統一

CELOS (ERGOline)  SLIMline  COMPACTline
8月 ジョイントコミッティー発足
9月 EMO Hannover 2013にてCELOSと
      プレミアムデザイン機を世界初公開
10月 社名統一
2014年 3月 ポルシェチームとパートナーシップを締結
7月 東京グローバルヘッドクォータ稼働
2015年
連結企業
として
一体経営開始

NRX 2000
4月 国際会計基準(IFRS)の適用
      決算期変更(4~12月の変則決算)
      DMGとの連結企業化
      DMG森精機ワシノ(株)を設立
6月 NRX 2000を開発
      A 150シリーズを開発
      G 100シリーズを開発
7月 世界最大の伊賀グローバルソリューションセンタ誕生
9月 ウリヤノフスク工場(ロシア)稼働
12月 NLX 6000を開発
2016年
完全経営統合

CMX 1100 V
1月 奈良事業所にシステムソリューション工場を設立
2月 テクノロジーサイクル発表
8月 ドミネーション・アグリーメント発効
9月 CMX Vシリーズ販売開始
      日本マイクロソフト社との技術協力に合意
2017年

DMU 50 3rd Generation
1月 TOYOTA GAZOO Racingとパートナーシップを締結
2月 金属積層分野パウダーベッド市場に参入
6月 LASERTEC 30 SLM販売開始
7月 テーブル一体型バイス ビルトインバイス販売開始
      先端技術研究センター開所
9月 GREENmode標準搭載
10月 DMU 50 3rd Generation販売開始
11月 上海テクノロジーセンタ開設
2018年 1月 主軸MASTERシリーズ3年間無償保証開始
Top