ホーム > 企業情報 > DMG MORIのイノベーション

DMG MORIのイノベーション

工作機械において世界をリードするDMG MORIには、
お客様に常に最新・最適なソリューションをご提案するための技術があります。
トータルソリューションプロバイダとして、工作機械に加えてシステム、ソフトウェア
全てを組み合わせてホリスティックにお客様にご提供いたします。

加工精度と切削力の向上 [ビルトインモータ・タレット]

従来のターニングセンタのミーリング機構は、モータからギヤやベルトなど多くの部品を介して力を伝達しているため、発熱や振動が広範囲に広がるなどの課題がありました。
それに対してDMG MORIでは、モータをタレット内部に組み込んだ業界初のビルトイン構造を採用し、発熱や振動を最小限に抑制するとともに、伝達効率を向上させることで加工精度と切削力を大幅に高めました。

長寿命と省エネの両立 [ダイレクト・ドライブ方式モータ]

ギヤを経由せず駆動力をダイレクトに伝達するため高効率駆動を可能とし、バックラッシもありません。 また、摩耗部品がないため、メンテナンスフリーと長寿命化も実現しました。
従来のウォームギヤ方式に比べ、伝達効率が大幅に向上したことにより、高速送りを可能にしました。

業界をリードするコア技術の内製化

品質向上と短納期化に加えて、製品開発期間の短縮もふまえた内製化に取り組んでいます。
部品加工から組立、検査までを一貫して行える工場で、工作機械の精度を左右する主軸やボールねじを内製しており、工作機械メーカーとしては類を見ない取り組みです。 さらに、より安心・安全かつ快適に製品をお使いいただくために、全世界で生産・販売するDMG MORIの工作機械に搭載されている主軸「MASTERシリーズ」について、3年間の無償保証サービスを2018年1月より開始しました。
保証対象は、重切削に最適なpowerMASTER、高速マシニング加工用のspeedMASTER、複合加工機専用のcompactMASTER、ターニングセンタ用のturnMASTERの4種類です。

機械本体 + 周辺機器のトータルサポート

DMQP(DMG MORI認定周辺機器)とは、工作機械の周辺機器において、品質・性能・保守性に優れた製品を厳選し認定するものです。
世界60社、約5,000種の機器やソフトを取り揃えています。
将来にわたって安心してお客様にお使いいただける製品をお届けするために、優れた周辺機器の提案からその納入・保守までをトータルにサポートしています。 今後も機器数を増やし、提案力の強化につなげます。

DMG MORI のデジタルファクトリー

コネクテッド・インダストリーズ / インダストリー4.0に対応した生産性向上のためのご提案をするため、2017年10月に機械工学産業向けIoTプラットフォームである「ADAMOS」を設立しました。 メーカーを問わず、最先端の機械とソフトウェアをつなげるオープンで中立的なIoTプラットフォームです。
オペレーションシステムCELOSを介して工作機械同士がつながることで、全世界の工場で稼働する工作機械の遠隔保守や稼働状況の管理、正確な故障予知など、工作機械の稼働率向上に貢献しています。
さらに、他社機と当社機のデータ相互変換を可能にする「CELOS NETbox」が、セキュリティを担保しながらデジタルファクトリーを実現します。

4つの要素を組み合わせたトータルソリューション

お客様がお困りの、煩雑で手間と時間がかかる段取りなどを一手に引き受け、一括でソリューションをご提案するために、複雑で高度な加工を簡単かつ短時間で実現できるテクノロジーサイクルを開発しました。テクノロジー サイクルは、1.工作機械本体、2.切削工具や周辺機器などのオープンイノベーション、3.組込ソフトウェア、4.CELOSなどのヒューマンマシンインタフェース(Human Machine Interface)の4つを融合させた新しいソリューションの形です。テクノロジーサイクルを用いることで、これまで専用機や専用プログラム、特殊な工具で行っていた加工・段取り・計測を、汎用的な工作機械や標準的な工具・治具などで、誰もが簡単かつ短時間、そして高品質で実現することができます。例えばテクノロジーサイクルの1つである「gearMILL(ギヤミル)」を用いることで、これまで専用機と専用プログラムが必要だった加工でも、1台の機械で旋削 / ミーリング加工、ギヤ加工などの全加工が可能となります。テクノロジーサイクルは、機械の段取りをサポートするハンドリングサイクル、高精度な計測を行う計測サイクル、複雑加工をサポートする加工サイクル、センサで加工を監視・検知するモニタリングサイクルの4機能に分類され、お客様の用途に応じて柔軟にご利用いただけます。

専門知識を必要としない新しい自動化

日々の運用に専門知識を必要としない新しいロボットシステムMATRISを開発しました。
モジュール化された周辺機器とロボット、そして機械本体をつなぐ専用システム「MAPPSconnected」により、煩雑なプログラムの編集作業をなくし、シンプルな操作画面でシステムの段取り替えが可能になりました。搬送装置やワークストッカ、機内計測装置などの各ユニットをモジュール化することで、最短期間での導入が可能になるだけでなく、従来は難しかった生産変更に伴う改造にも柔軟に対応します。
Top